ドローンの資格を取得するのはどんな人?

ドローンの活用が多方面に広がっており、今後も様々な場面で利用頻度は増えていくと予想されます。
ドローンの資格についてはこれまでもJUIDAのような民間資格がありましたが、2022年12月にはドローンは国家資格化されました。
飛行方法や飛行場所によっては民間資格・国家資格がなくともドローンを飛行させることはできるものの、特殊な場所・状況で飛ばすためには必要になってきます。
ではドローンの資格を取得した人たちは具体的にどういったきっかけでドローンの資格を取ろうと考えたのでしょうか?

今回は、当校・ロイヤルドローンスクールの卒業生(ドローンの国家資格・民間資格を取得を考えている方々)がどういった目的・理由でドローンの資格を取得しようと思ったのか、具体例を挙げながら説明したいと思います。

ドローンの資格を取得しようと思ったきっかけ・理由

卒業生にアンケートをとったところ、以下3つの目的でドローンの資格を取得しようと思ったという方がほとんどを占めていました。

  1. 仕事で使うため
  2. 転職・就活で有利になると考えたため
  3. 趣味で使うため

それぞれ具体的に説明していきます。

仕事

やはり「今後仕事で必要になると思った」といった方や、「仕事で活かしていきたい」という方が多かったです。
その中でも、具体的にどういった業種の方々が、どういった場面でドローンを必要と感じ資格を取得しようと思ったのかをお話していきます。

建設・建築関連

建設現場

様々な業種の方にご受講いただいてきましたが、中でも最も多かったのは建設業や建築業に勤めている方でした。
建設・建築関連の業界に勤めている卒業生からのアンケートでは、ドローンの講習を受けようと思ったきっかけとして、

  • ・工事現場を空撮するのに必要だと感じた
  • ・測量や工事写真を撮影するのに活用したかった
  • ・屋根や外壁の調査を行うのにドローンの必要性を感じた

といった声が多かったです。

建設現場では、工事が予定通りに進んでいるか・設計や品質に問題なく進んでいるか・仕事環境は安全か、といったあらゆることを考慮して工事が進められています。
これまではそういった工事現場の進捗状況や安全性については現場監督がマンパワーで確認していくことが基本でした。
しかしドローンを活用すれば空中からの撮影が可能となるため、これまで現場監督がマンパワーで行っていた地形や建物の状況把握などがドローンでより効率よく行えるようになりました。
また、作業員が危険な場所に入る必要もないため、安全面での効果も大きいです。

その他にも、本来高所作業車を必要としていた屋根や外壁の点検・調査に、高所作業車の代わりにドローンを活用したり、測量などもドローンで行うことで工数の削減に寄与しています。

メディア・映像

空撮をするドローン

テレビ番組を制作している方やクリエイターとして映像を制作している方も卒業生の中に複数名いらっしゃいました。

皆さまもテレビやCM、動画などで、ドローンを用いて撮影されている映像を見たことがあるかと思います。
ドローンを使用して撮影した場合、これまではヘリコプターなどを使用して撮影していた景色をドローン1台で撮影することができるため、従来よりも低コストで撮影が可能です。
さらに、インパクトのあるダイナミックな映像が撮れるため、ドローンは映像制作においてなくてはならないものとなっています。

エンターテイメントにおけるドローンの活用について下記コラムに詳しく記載しています。
>> エンタメでのドローン活用(ロイヤルドローンスクール広島)

災害救助の現場

災害現場におけるドローン

地方自治体の職員や地域の消防団に所属している人など、災害救助の現場に出る機会のある人の受講も多く見られます。災害救助でドローンが活用されるようになったことで資格の必要性を感じ、受講するに至ったということでした。

災害現場では、情報収集をするのにドローンが役立ちます。
災害によって陸路が遮断されている場合などでも、広い範囲における被害状況の確認や被災者の発見が迅速にできます。
また、被災者を救助する立場にある人の安全も守れたりと、活用の幅が広いことから近年災害現場における利用も増加しています。

災害現場のドローン活用について下記コラムに詳しく記載しています。
>> 災害現場におけるドローンの活用(ロイヤルドローンスクール広島)

農業

ドローンで撮影したトラクター

実際に現在農家として使用しているという方は少なかったですが、将来農業をするとなったときに農薬散布などで利用したいという方も何名か見受けられました。

・農薬や肥料用のタンクを搭載したドローンが、作物の上空を飛行して農薬や肥料を散布
・ドローンのカメラから作物の育成状況を確認する
といった活用方法があります。
農薬散布の時間を短縮したり、急斜面などの人が入りにくい場所での作業が軽労化するだけでなく、農地ごとの生育のバラつきを把握して適切な場所に適切な量の肥料を撒くといったこともドローンを利用すれば可能です。

農業のドローン活用について下記コラムに詳しく記載しています。
>> 農業とドローン(ロイヤルドローンスクール広島)

転職・就活

キャリアアップ

前述ではドローンが様々な業界で活用される場面が増えてきていることについて、例を挙げながら紹介しました。
このように様々な分野でドローンの利用価値が高まっていることから、ドローンの資格を保持していれば今後転職や就活に有利になると考え、自己啓発のために取得されるという方も一定数いらっしゃいました。

ドローンを活用した業務を行っている企業にとってはドローンの資格保持者は貴重な人材となり得ますし、今後ドローンの利用価値が高まれば、ドローンの資格を有している人の市場価値も高まり転職でも有利になる日も来るかもしれません。

趣味

仕事で利用するでもなく、転職に有利になるという理由でもなく、趣味で使いたい・ドローンに興味があるという方も複数名いました。
ドローンを飛ばしたい、プログラムを組んで飛行させたい、ドローンを利用して上空から撮影する「空撮」をしたい、など人によって様々なきっかけを挙げていました。

最後に

これまで、ロイヤルドローンスクールの卒業生に焦点を当て、どういった人がドローンの資格を取得しようと考えるのかを紹介してきました。
今後も様々な分野においてドローンの需要が拡大していくと予想されます。
ドローンの資格取得をご検討中の方がいらっしゃれば、ぜひロイヤルドローンスクールにご相談ください。

ロイヤルドローンスクールでは今後もドローンについてや、ドローンの国家資格に関する様々な情報を発信していきます。

ロイヤルドローンスクール広島について

ロイヤルドローンスクール

ロイヤルドローンスクール広島は、広島県広島市にあるドローンの登録講習機関です。
資格の種類(国家資格・民間資格)や国家資格の区分に合わせて、操縦技能の基礎技能・運航管理体制構築スキルの習得や、業務で活かせる実用的な操縦及び運用テクニックなどの習得ができます。
学科試験合格のための各種対策・フォローなども行っております。

広島県でドローンの国家資格を取得するなら、ロイヤルドローンスクールにお任せください。

講習についての確認はこちら

ドローンに関するその他のコラム

ドローン免許(国家資格)を取得する方法を解説 ドローン免許(国家資格)の試験ってどんな内容?
ドローン免許(国家資格)を取得する方法を解説 ドローン免許(国家資格)の試験ってどんな内容?
ドローンの機種選びのポイント ~用途に応じた選び方~ ドローン購入後にすること~機体登録と機体認証制度について~
ドローンの機種選びのポイント ~用途に応じた選び方~ ドローン購入後にすること~機体登録と機体認証制度について~
ドローン免許(国家資格)を取得するメリット ドローンの歴史と今後の展望
ドローン免許(国家資格)を取得するメリット ドローンの歴史と今後の展望
ドローンを安全に運用するために ドローンを飛ばせる場所はどこ?飛行禁止場所についても解説!
ドローンで起こり得るトラブルとは? ドローンを飛ばせる場所はどこ?
災害現場におけるドローンの活用 ドローンとエンタメ
災害現場におけるドローンの活用 エンタメにおけるドローンの活用
農業とドローン ドローンレースの種類とその参加方法について解説!
農業とドローン ドローンレースの種類とその参加方法について解説!
ドローンパイロットとは?仕事内容やそのなり方を解説 ドローン保険とは?
ドローンパイロットとは?活躍している業種や仕事内容 ドローン保険について
ドローンと関連の深い法律  
ドローンと関連の深い法律